トップ 一覧 検索 ヘルプ RSS ログイン

日記/2011-7

2011-7-2

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記,コンピュータ]SMEStorageスゲー

論文を書かなきゃいけないんだけど、技術調査という名の逃避で、なんやかんやコンピュータをいじっていた。もういいかげん、本気出して書かないと間に合わないんだけどなぁ。

その中で、クラウド上のストレージサービスをLinux上にうまくマウントできないかな、と調べていた。まぁ、Ubuntuなので、Ubuntu Oneでもいいんだけど、すでに使っているWindows SkydriveやGoogleのサービスなどと連携したい。

で、調べていたらSMEStorageというサービスを見つけた。ここ自体も、無料で2GBのオンラインストレージ(Amazon S3)を提供しているのだけど、それ以上に、複数のストレージサービスを統合して管理できるのがポイント。SkydriveやGoogleStorage、GoogleDocumentsといったもともとストレージ用途のサービスに加え、GMailもマウントできる[1]。無料アカウントでも2つのサービスアカウントを統合できるので、さっそく、いま使っているWindows Skydriveのアカウント2つ(25GB×2で50GB)を統合してみた。

Web画面からもシームレスに複数のアカウントを利用できるが、それ以上に、当初の目的である、Linux上にマウントできる、というのが大きい。各OS用のクライアントがダウンロードできて、Ubuntu用のクライアントも簡単にインストールできる。インストールすると、[アプリケーション]–[インターネット]の中にSMEStorage Clientというランチャーがあるので、それを起動すると、Ubuntu上にSMEStorageで統合したオンラインストレージをマウントできる。

マウントしているので、もちろん、Nautilusからディレクトリをたどってストレージ上のファイルにアクセスできる。また、ネットワーク越しなので、やはり多少コピーに時間はかかるが、例えばrsyncやpdumpfsBackInTimeでデータの保存先に指定しておけば、クラウド上に簡単にバックアップを取ることができる[2]

無料アカウントでは、統合できるサービスは2つまでだけど、個人用の有料アカウントを39.9ドルで購入すると、最大10のサービスを統合できる。たぶん、無料でいちばん容量の大きいSkydriveだと、25GB×10で、2.5TBのストレージを3000円ちょっと(現時点のレート)で使うことができる。これは、GoogleやAmazonのストレージよりも安い。SMEStorageの無料アカウントを複数作り、Skydriveのアカウントも複数作れば、ネズミ算的に使用できるストレージのサイズが増えていく(そうそううまくはいかないんだろうけど)。

ちょっとセキュリティ的にアレな話だけど、Windows Liveや自分のアカウントでのGoogleサービスへのログインは制限されているけど、SMEStorageは(マイナーなので)弾かれていない場合、社内から自分のストレージにアクセスするための手段としても使えるかもしれない。

  • [1]GMailFS等と同様、ファイルをメールに添付するという形式でアップロードするようだ。GMailの添付ファイルサイズは最大25MBなので、その制限は受けてしまう。
  • [2]Skydriveのファイルシステムにハードリンクが作れるのか、といった細かなことは知らないけど。

コメントをどうぞ

計算:4×6= お名前: コメント:
最終更新時間:2011年07月03日 03時05分11秒

日記一覧へ

2011-7-3

[長年]<< 前の日記  次の日記 >>

[日記]ホンノチカラ

社内での論文提出の取りまとめ(出すの僕だけだけど)をしている先輩から紹介された、中原淳著「職場学習論 - 仕事の学びを科学する」を先日買って、ほんの触りだけ読み出したら、今まで大風呂敷な構想ばかりがあって、具体的な問題(テーマ)が定義できていなかった、自分の論文について、ひととおり現実的な筋道が見えてきた。

まだまだ序論で、実際の著者の主張には辿り着いていないんだけど、それでも、“ちゃんとした”本を読むと、脳がちゃんと動く。やっぱり、論理構造とか、前提条件(本で扱うテーマとか用語)の定義がしっかりしていることは重要だ。

とはいえ、ストーリーが見えただけで、まだ論文の中身に手をつけていないんだけど。

それにしても、“ちゃんとした”本と比べて、ウチのテキストの非論理的構造といったら……。箇条書きにすれば構造的だと思っているとしか思えない。逆に、なんでこれとこれが、同じレベルに並んで書いてあるのか、と混乱することばかり。マジで、PowerPointやめて、TeXにしようよ。TeXじゃなくても、Wiki記法でも、プレインテキストにタブでのインデントでもいいから、もっと構造を意識して書こうよぉ……。

[日記,音楽]作業BGM

をヘビーローテーション。

コメントをどうぞ

計算:8×1= お名前: コメント:
最終更新時間:2011年07月03日 23時04分50秒

日記一覧へ

2011-7-11

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記]論文書けない……

今日〆切なのにまだ終わらない……。いちおう、上司には朝イチで送っておけば見てくれる、という約束は取り付けているけども、それにしても書けない。

いろんな仕事が何もかも、この1週間に集中して、腰を据えて論文を書く、ということが全くできなかった。家で一人でパソコンに向かうならともかく、会社にいると、特に下っ端の僕にはやたらと仕事が回ってくる。うかつに、「できる」「わかる」と言っている(実際それについて経験や知識がある)と、大変なことになる、ということが最近わかった。「2年目なんでわかりません」「初級コースの講師になったばかりなのでわかりません」とか言っていたほうが、よっぽど楽に仕事ができる。まぁ、それが楽しいかどうかは別として。

とにかく、微妙に今夜がんばれば、書きあがりそうなのがまた……。まるっきりできないなら、謝るしかないけど、できそうだからなぁ。寝れるだろうか。

コメントをどうぞ

計算:9×1= お名前: コメント:
最終更新時間:2011年07月11日 01時44分09秒

日記一覧へ

2011-7-20

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記]壮行会

今日は、配属されてからの短い期間ながら、とても大きなシゲキを受けた先輩の壮行会。エンジニアから講師になることは(たぶん・わりと)簡単。でも、講師からエンジニアになることはすごく大変だと思う。頭と口先だけでなくて、手に技術が染み込んでないといけないから。

僕は職種は講師であるけども、技術を売って(教えて)商売している以上、自分はエンジニアだと思っている。だから、ただ教科書に書いてあることを覚える・回数をこなすだけじゃなくて、常に自分から、新しい・面白い技術に触れていかなければならない。

そんな思いを、さらに強くさせていただいた先輩だった。ありがとうございました。

ところで、某所で採用されたキャッチフレーズである、「いま、IT(私とテクノロジー)ができること」にも、お客さんだけでなく、我々も含め「俺らエンジニアだよね? エアコン止めたりスーパークールビズもいいけど、俺らにしかできないこと、技術者じゃなきゃできないことあるよね?」という思いをこめている。

そして、明日は2つめの講習会の初回。内容はともかく、時間配分がすこぶるアヤシイ感じ。僕の場合、基本的に喋りすぎるので、そこを抑えて、聞かれたら答える、くらいにしておいたほうがよいのかもしれない。

[TeX]Sphinx面白そう

TeX Wikiに項目ができていたSphinxというドキュメント生成システムが面白そうだ。Python 2.6以降の標準ドキュメントシステムらしい。さっきリンク先をちらっと見ただけだけど、TeXをバックエンドに、Wikiライクな記法でドキュメントを書いて、高品質な出力を得る、というのは、先日書いた“渇望”と合致する。

まぁ、昔から(TeX目線で見れば)SmartDocWiki2Beamer、さらに言えばPlain2などなど同じようなものはあるんだけど。EPUB形式で出力できたり、Webアプリやバージョン管理システムと統合しやすそうなのがウリか。

なんかこういうのを使って仕事して、ExcelやPowerPointでドキュメント作るのやめましょうよ、と実証できる機会がないかなぁ……。

コメントをどうぞ

  • ふなと、ことソリのチバです。いい日記ですね。軽く感動しました。 - ふなと (2011年07月20日 23時32分16秒)
計算:6×7= お名前: コメント:
最終更新時間:2011年07月20日 23時32分16秒

日記一覧へ

2011-7-23

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記,TeX]掃除、洗濯、散髪、TeX Live、Scientific Linux……

昨日、2つ目の講習会をなんとか[3]終えて、やっぱり疲れたのか、早くに寝てしまい、昼前に起きる。

そこから、掃除して、洗濯して、髪を切りに出かけて、そして先日リリースされたばかりのTeX Live 2011をインストールした。もともと、2011 pretest版を使っていたので、インストール自体は大した作業ではないのだけど、今回は久しぶりにインストールガイドを書こうかな、とスクリーンショットを撮りつつ。pretestでコンパイルできていた講義用のメモがコンパイルできたので、ちゃんとインストールできているんだろう。

で、予想外に時間がかかったけど、TeX Live 2011のインストール on Ubuntu 10.04を書いたので、ご参考に。

さらに、インストールガイドを書きながら、ノートPCにScientific Linux 6をインストールしていた。


もともと、Fedora 10あたりを使っていた頃から、「これをベースにしたCentOS 6が出たらデスクトップにするんだ……」と思っていたので、既定路線ではあるのだけど、だいぶ待つことになった。

で、結論を書くと、グラフィックドライバが対応してないために、Xウィンドウが起動しなかった。正確には、vesaドライバで起動はするんだけど、1024x768でしか使えず(ノートのディスプレイは1280x800)、Intelグラフィックスドライバをコンパイルしてインストールしてみたけども、状況は変わらなかった。[4]

ノートPCはHP Compaq 2230sなのだけど、GM45 Expressチップセット用のドライバがないらしい。もしかしたら、CentOSのほうでは(レポジトリにある)i810ドライバで表示できるのかもしれない。でも先行きがビミョーという。うーん。

まぁしかし、“趣味で”Linuxと周辺ソフトウェアをいじって、文章を書くのはやっぱり楽しい。

[]予習

髪を切りに出たついでに、

の3冊を買う。最後のは、書棚をフラっと見ていたら、なんとなく面白そうだったので。

KVMは、予習。正直なところ、9月までのスケジュールに入っている講習会は、昔からさんざんやってきたことなので、技術的な準備期間なんかいらない(今日もLinuxインストールしたし)のだけど、KVMはさすがに、会社でおべんきょーするだけでは、人に何か話すレベルにはならない。

ちょっと早めに取りかからないと、“自分が受講者だったら”聞く価値があると思う講習会はできそうにない。とはいえ、本屋でめくった感触でも、この本1冊では大して深いところには行けなくて、やっぱり英語の文書を読まないといけなそうだけど。

  • [3]若干後半が早くなって、無理やり間に合わせた感がある。
  • [4]ちゃんとインストールできたのか、微妙だけど。

コメントをどうぞ

計算:8×6= お名前: コメント:
最終更新時間:2011年07月24日 05時19分44秒

日記一覧へ

2011-7-24

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記]CentOS、GM45イケるやん!

デイリースポーツの見出し風に。

昨日、Scientific Linux 6でGM45 Expressチップセットのグラフィックスが認識されなかったので、CentOS 6をインストールしてみた。

同じRHELベースなのに、違うもんだなぁ。

コメントをどうぞ

計算:7×6= お名前: コメント:
最終更新時間:2011年07月24日 23時04分49秒

日記一覧へ

2011-7-25

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記]教育+統計+R+TeX

まさか普通の会社員[5]になってから、Rで項目反応理論についてデータ解析して、発表(社内で)することになるとは。Rじゃなくてもいいんだけど、現状、サクッと使えそうなのはRだろう。「数式が多いのでPowerPointは難しいです。社内なのでいいですよね」とTeXでスライドを作ろう。というか、そもそも言わなければバレないか。いまWorldWideに宣言しているけど。

もう少し先、といってもせいぜい1ヶ月くらいしかないので、下準備をしておかなければ。それにしても、いろんなことに巻き込まれすぎだ。自分で(それらのトピックについて)できるとかわかるとか言ったり、エラソーに語るからだけど。

てゆーか、どれだけ“専門家”がいないのか。IT知識よりも、自分たちの商売道具である“教育”についての教育(メタ教育・笑)を必修で受けさせるべきじゃないのか。妙な「思い」を語るばっかりじゃなくて、理論を身につけないと。この前「自分たちはエンジニアだ」と書いたのと矛盾しているかもしれないけど、金融分野のSEが金融工学を知らないわけがないし、航空宇宙工学のSEだって天文の知識が必要だろう。教育に関わるエンジニアが教育理論を知らないわけにはいかないでしょ。まぁ「誰それの○○理論」とか、言葉だけを覚えても何の役にも立たない[6]んだけど、「今の自分の仕事をもっと良くするために、この分野のこの知見が使えそうだ、こんな事例があるから参考にしてみよう」くらいは、若いうちからできておきたいところ。

Texmaker 3.1が出たらしく、対応しないといけないんだけどなぁ。

  • [5]まぁ「普通」ってなんだ、という話ではあるけど。
  • [6]そして世の中には、なぜかそういう「見出し語」ばっかり覚えて、使いたがる人が多い。専門用語使うと頭良さそうに見えるから。

コメントをどうぞ

計算:4×8= お名前: コメント:
最終更新時間:2011年07月26日 00時06分30秒

日記一覧へ