トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

日記/2010-4-28

キーワード

<< 前の日記  次の日記 >>

[日記,コンピュータ]どーNATんの?

今日、研修でネットワーク関連のいろいろを学んだ。その中で、“NAT”について、“Network Address Translation”の略であるということだった。が、どういう経緯で知ったか忘れたけど、僕が知っているNATの正式名称は“Network Allocation Table”というものだった。なんか変だな、と思って調べてみたら、やはりそれはそれで使われている言葉らしい。あまり検索結果の件数は多くないけど、Linux界隈(iptables?)で使われている言葉らしい。調べても、いまいちNAT同士の関連性がよくわからない。まったく違うものなのか、それともLinux界隈に流布している誤解なのか。

こういう時、講師というより専門家(UNIX、ネットワーク関係のエンジニア)に相談する機会があれば、と思う。講師が実務でネットワークをやっているわけではないのは、自分でもよくわかっているので。

[日記,競馬]連休の予定とか

ようやくキャッシュカードが届いていた。……が、当然直接受け取らなければならないものなので、郵便局に持ち帰られていた。明日、15分ほど歩いて受け取りにいかなければ。

連休はどう過ごそうか。とりあえず明日は、浦和競馬場に初“出走”しようかと思っている。引っ越したら意外と近く(乗り換えが少なく)なったので、1時間ほどで着くようになった。あとは、隣の駅の銭湯(温泉)に行くか。で、金曜はもちろん休みではないので働いて、連休。連れが実家に帰っているので、これといって予定もない。まぁ去年も3日に府中、5日に船橋、9日にまた府中と、ほとんど競馬場に行っていたので、それを繰り返してもいいのだけど。とりあえず5日の船橋・かしわ記念(GI)には行くだろうなぁ。

なんだ、社会人になっても全然変わらないじゃないか。なにか人数合わせが必要な方は、どうぞお声がけください。

[競馬]日本一早い新馬戦

今日は割と早めに帰ってきたので、今日明日やっている地方競馬はどこなのか、とnetkeibaを見ていたら、ホッカイドウ競馬にスーパーフレッシュチャレンジ(2歳)の文字があった。そういえば、もう北海道では新馬戦の季節になったのだった。ちょうど今日が、2008年に生まれた世代の、頂点を目指した戦いのはじまりだったのだ。

あるいは、生存競争のはじまりとも

オーナーの、スタッフの、生産者の、そしてファンの夢を乗せてゲートが開く

世代の一番星は、アッミラーレ産駒のパフォーマンス号。

今年は中央でも、もうディープインパクト産駒がデビューする。本当に、競馬の世代交代は早い。

[日記]結局、どこなの?

ジャスコのミネラルウォーターの紹介書き。「富士山麓930メートル」ってどこなんだろう。標高?


日記一覧へ