トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

日記/2010-6-26

キーワード

<< 前の日記  次の日記 >>

[コンピュータ,日記]マイクロハード

川崎でマウスを購入。前から使っていたサンワサプライMA-IH2SBが、シングルクリックでもダブルクリック扱いになってしまうようになり、不便極まりない[1]ので。買ったのはMicrosoft Laser Mouse 6000。在庫処分なのか、2980円とkakaku.comでの最安値よりも安かった。Microsoftのハードは評判がいいのだけど、このマウスも、大きめのマウスが好きな人には質感がちょうどいい。通常の左右ボタンとホイールに加え、両サイドにもう1つずつボタンが付いているのだけど、自分の使いかたでは意図せずに触ることもなく、いい感じ。もちろん、Ubuntuでも何も工夫する必要なく、挿した直後からちゃんと5ボタンマウスとして使える。

もうひとつ、プリンタ(Brother HL-5040)のトナーも購入。2003年12月21日に買ったプリンタなので、もう6年半も使っているのか。そして、トナーを買ったのははじめて(たぶん)。付属品の、3500枚程度印刷できるトナーを未だ使い切っていない[2]のだから、完全にオーバースペックだったのだろう。当初からLinux用ドライバが提供されていて、ここ何年かはVineでもCentOSでもFedoraでもUbuntuでも、挿せば即使えるようになっているので、ものすごく楽なのだけど、今ではもっと安い値段でカラーレーザーが買えるのか……。

  • [1]ウィンドウをドラッグで移動させようとしても、ダブルクリック扱いで最大化してしまったり、複数ファイルを選択しようとドラッグしていたら、勝手にその瞬間カーソルがあったファイルをダブルクリックして開いてしまったり、けっこうイラッとする。
  • [2]警告ランプが点灯したので買ったけど、まだ切れてはいない。

日記一覧へ