トップ 差分 一覧 ソース 検索 ヘルプ PDF RSS ログイン

CentOS 6.3にGhostscript 9.07とTeXLive 2012をインストールする

キーワード

はじめに

このページでは、CentOS 6.3にGhostscript 9.07とTeXLive 2012および関連するソフトウェアをインストールする手順を紹介します。なお、基本的なLinuxのコマンド、ソフトウェアのコンパイル、インストール方法は知っている前提で記述しています。

なお、TeX統合環境としてそれなりに使われているTexmakerは、要求されるQtツールキットのバージョンが新しすぎて、CentOS 6.3でのコンパイル、インストールは困難です[1]

必要なファイルの入手

Ghostscript、TeXLive 2012、TeXworks、yatexをそれぞれダウンロードします。/usr/local/src あたりに、適当なディレクトリを作って、まとめて配置するとよいでしょう。なお、各ソフトウェアをコンパイルするには、*-develといったパッケージが多数必要になります。configureやmake時のエラーメッセージに合わせて、適宜yumで検索、追加してください。


Ghostscriptのインストール

ダウンロードしたghostscript-9.07.tar.gzを展開し、ディレクトリに入ります。

su -
cd /usr/local/src/install_texlive/ ※ダウンロードしたファイルを配置したディレクトリ
tar xzvf ghostscript-9.07.tar.gz
cd ghostscript-9.07

Ghostscriptのコンパイル、インストールは基本的なconfigure→makeの形式ですが、configureのオプション指定に注意が必要です。--disable-compile-initsオプションを指定しないと、インストール後の設定変更ができなくなります。それを踏まえて、下記のような形でconfigureをおこないます。

./configure --disable-compile-inits --with-x --with-drivers=ALL --without-luratech --with-libiconv=gnu --prefix=/usr/local

configure中に下記のようなメッセージが表示されていれば、必要なパッケージが不足しているので、適宜追加します(必須ではありません)。

JPEG support: no → libjpeg, libjpeg-devel
OpenGL support: no → freeglut, freeglut-devel
checking for XtAppCreateShell in -lXt... no → libXt, libXt-devel

configureで問題がなければ、makeを実行します。

make

makeには多少時間がかかります。また、途中エラーが出る場合は、メッセージを見て、パッケージの不足、設定の不備などを解消します。makeが問題なく終了したら、インストールします。もちろん、root権限が必要です。

make install

Ghostscriptの設定

Ghostscriptはインストールしたままでは、日本語をうまく扱えません。日本語に関連する設定をおこないます。まずは、設定ファイルがインストールされたディレクトリに移動します。

cd /usr/local/share/ghostscript/9.07/Resource/Init

ディレクトリにはいくつもファイルがありますが、編集するのはcidfmapgs_res.psです。

 cidfmapの設定

cidfmapは、CIDフォント名と実際のTrueType(OpenType)フォントとの対応を指定するファイルです。全てがコメントアウトされているので、最下行に下記の内容を追加します。使用するフォント、フォントへのパスについては適宜修正してください。

/Ryumin-Light         /IPAEXMincho      ;
/GothicBBB-Medium     /IPAGothic        ;
/HeiseiMin-W3         /Ryumin-Light     ;
/HeiseiKakuGo-W5      /GothicBBB-Medium ;

%%% Alias for dvips
/ipamincho    /IPAMincho ;
/ipagothic    /IPAGothic ;
/ipam    /IPAMincho ;
/ipag    /IPAGothic ;
/ipaexm    /IPAEXMincho ;
/ipaexg    /IPAEXGothic ;

/IPAMincho
<<
/FileType /TrueType
/CSI [(Japan1) 6]
/Path (/usr/share/fonts/japanese/ipam.ttf)
/SubfontID 0
>> ;

/IPAGothic
<<
/FileType /TrueType
/CSI [(Japan1) 6]
/Path (/usr/share/fonts/japanese/ipag.ttf)
/SubfontID 0
>> ;

/IPAEXMincho
<<
/FileType /TrueType
/CSI [(Japan1) 6]
/Path (/usr/share/fonts/japanese/ipaexm.ttf)
/SubfontID 0
>> ;

/IPAEXGothic
<<
/FileType /TrueType
/CSI [(Japan1) 6]
/Path (/usr/share/fonts/japanese/ipaexg.ttf)
/SubfontID 0
>> ;

 gs_res.psの設定

gs_res.psはGhostscriptが参照する様々なリソース(ファイル等)の場所を指定するファイルです。インストールした環境に合わせて適切に修正します。具体的には、320行目の/FontResourceDirと322行目の/GenericResourceDirを編集します。

元: /FontResourceDir (Font)
編集後: /FontResourceDir (/usr/local/share/ghostscript/9.07/Resource/Font)

元: /GenericResourceDir ()
編集後: /GenericResourceDir (/usr/local/share/ghostscript/9.07/Resource)

 PostScript表示用フォントファイルの作成、配置

最近はグラフなどの図版もPDF化して使用することが多いですが、PostScript(EPS)ファイル中の日本語を表示できるように、設定をしておきます。/usr/local/share/ghostscript/9.07/Resource/Fontディレクトリに、下記の名前、内容でファイルを作成します。

ファイル名: Ryumin-Light-UniJIS-UTF8-H
%! Font Specification
%%Title: Ryumin-Light-UniJIS-UTF8-H
%%CreationDate: 12/08/04
%%ModificationDate: 12/08/04
%%EndComments
%%BeginResource: font Ryumin-Light-UniJIS-UTF8-H
(Ryumin-Light-UniJIS-UTF8-H)
(UniJIS-UTF8-H) /CMap findresource
[(Ryumin-Light) /CIDFont findresource]
composefont pop
%%EndResource
%%EOF
----------
ファイル名: Ryumin-Light-UniJIS-UTF8-V
%! Font Specification
%%Title: Ryumin-Light-UniJIS-UTF8-V
%%CreationDate: 12/08/04
%%ModificationDate: 12/08/04
%%EndComments
%%BeginResource: font Ryumin-Light-UniJIS-UTF8-V
(Ryumin-Light-UniJIS-UTF8-V)
(UniJIS-UTF8-V) /CMap findresource
[(Ryumin-Light) /CIDFont findresource]
composefont pop
%%EndResource
%%EOF
----------
ファイル名: GothicBBB-Medium-UniJIS-UTF8-H
%! Font Specification
%%Title: GothicBBB-Medium-UniJIS-UTF8-H
%%CreationDate: 12/08/04
%%ModificationDate: 12/08/04
%%EndComments
%%BeginResource: font GothicBBB-Medium-UniJIS-UTF8-H
(GothicBBB-Medium-UniJIS-UTF8-H)
(UniJIS-UTF8-H) /CMap findresource
[(GothicBBB-Medium) /CIDFont findresource]
composefont pop
%%EndResource
%%EOF
----------
ファイル名: GothicBBB-Medium-UniJIS-UTF8-V
%! Font Specification
%%Title: GothicBBB-Medium-UniJIS-UTF8-V
%%CreationDate: 12/08/04
%%ModificationDate: 12/08/04
%%EndComments
%%BeginResource: font GothicBBB-Medium-UniJIS-UTF8-V
(GothicBBB-Medium-UniJIS-UTF8-V)
(UniJIS-UTF8-V) /CMap findresource
[(GothicBBB-Medium) /CIDFont findresource]
composefont pop
%%EndResource
%%EOF
----------
ファイル名: IPAMincho-UniJIS-UTF8-H
%! Font Specification
%%Title: IPAMincho-UniJIS-UTF8-H
%%CreationDate: 12/08/04
%%ModificationDate: 12/08/04
%%EndComments
%%BeginResource: font IPAMincho-UniJIS-UTF8-H
(IPAMincho-UniJIS-UTF8-H)
(UniJIS-UTF8-H) /CMap findresource
[(IPAMincho) /CIDFont findresource]
composefont pop
%%EndResource
%%EOF
----------
ファイル名: IPAMincho-UniJIS-UTF8-V
%! Font Specification
%%Title: IPAMincho-UniJIS-UTF8-V
%%CreationDate: 12/08/04
%%ModificationDate: 12/08/04
%%EndComments
%%BeginResource: font IPAMincho-UniJIS-UTF8-V
(IPAMincho-UniJIS-UTF8-V)
(UniJIS-UTF8-V) /CMap findresource
[(IPAMincho) /CIDFont findresource]
composefont pop
%%EndResource
%%EOF
----------
ファイル名: IPAGothic-UniJIS-UTF8-H
%! Font Specification
%%Title: IPAGothic-UniJIS-UTF8-H
%%CreationDate: 12/08/04
%%ModificationDate: 12/08/04
%%EndComments
%%BeginResource: font IPAGothic-UniJIS-UTF8-H
(IPAGothic-UniJIS-UTF8-H)
(UniJIS-UTF8-H) /CMap findresource
[(IPAGothic) /CIDFont findresource]
composefont pop
%%EndResource
%%EOF
----------
ファイル名: IPAGothic-UniJIS-UTF8-V
%! Font Specification
%%Title: IPAGothic-UniJIS-UTF8-V
%%CreationDate: 12/08/04
%%ModificationDate: 12/08/04
%%EndComments
%%BeginResource: font IPAGothic-UniJIS-UTF8-V
(IPAGothic-UniJIS-UTF8-V)
(UniJIS-UTF8-V) /CMap findresource
[(IPAGothic) /CIDFont findresource]
composefont pop
%%EndResource
%%EOF
----------
ファイル名: IPAEXMincho-UniJIS-UTF8-H
%! Font Specification
%%Title: IPAEXMincho-UniJIS-UTF8-H
%%CreationDate: 12/08/04
%%ModificationDate: 12/08/04
%%EndComments
%%BeginResource: font IPAEXMincho-UniJIS-UTF8-H
(IPAEXMincho-UniJIS-UTF8-H)
(UniJIS-UTF8-H) /CMap findresource
[(IPAEXMincho) /CIDFont findresource]
composefont pop
%%EndResource
%%EOF
----------
ファイル名: IPAEXMincho-UniJIS-UTF8-V
%! Font Specification
%%Title: IPAEXMincho-UniJIS-UTF8-V
%%CreationDate: 12/08/04
%%ModificationDate: 12/08/04
%%EndComments
%%BeginResource: font IPAEXMincho-UniJIS-UTF8-V
(IPAEXMincho-UniJIS-UTF8-V)
(UniJIS-UTF8-V) /CMap findresource
[(IPAEXMincho) /CIDFont findresource]
composefont pop
%%EndResource
%%EOF
----------
ファイル名: IPAEXGothic-UniJIS-UTF8-H
%! Font Specification
%%Title: IPAEXGothic-UniJIS-UTF8-H
%%CreationDate: 12/08/04
%%ModificationDate: 12/08/04
%%EndComments
%%BeginResource: font IPAEXGothic-UniJIS-UTF8-H
(IPAEXGothic-UniJIS-UTF8-H)
(UniJIS-UTF8-H) /CMap findresource
[(IPAEXGothic) /CIDFont findresource]
composefont pop
%%EndResource
%%EOF
----------
ファイル名: IPAEXGothic-UniJIS-UTF8-V
%! Font Specification
%%Title: IPAEXGothic-UniJIS-UTF8-V
%%CreationDate: 12/08/04
%%ModificationDate: 12/08/04
%%EndComments
%%BeginResource: font IPAEXGothic-UniJIS-UTF8-V
(IPAEXGothic-UniJIS-UTF8-V)
(UniJIS-UTF8-V) /CMap findresource
[(IPAEXGothic) /CIDFont findresource]
composefont pop
%%EndResource
%%EOF

 設定のテスト

日本語関連の設定が正しくなされたか確認します。下記のコマンドでGhostscriptを起動し、日本語PostScriptファイルが表示されることを確認します。

gs -sDEVICE=x11 /usr/local/share/ghostscript/9.07/examples/cjk/article9.ps

なお、article9.psは縦書きで日本国憲法第9条が書かれたものです。最近のGhostscriptでは日本語縦書きの扱いが微妙なので、レイアウトの乱れはとりあえず気にせず、きちんと日本語が表示されることを確認してください。フォント関係のエラーが出る場合は、上記の内容のうち、特にTrueTypeフォントのパス名等に注意して、自身の環境に合った記述に修正してください。

Ghostscript 9.07でのarticle9.psの表示

ここではGhostscriptを直接起動していますが、PostScriptファイルのビューアとして有名なgvをyumでインストールして使用しても構いません。ただし、gvで日本語PostScriptファイルを表示するには、オプションの設定([State] - [Ghostscript Options])で-dNOSAFERを指定する必要があります[2][3]

gvでのarticle9.psの表示

gvで日本語を表示するためのオプション設定


ここまでで問題がなければ、Ghostscriptのインストールは完了です。続いてTeXLive 2012のインストールをおこないます。

TeXLive 2012のインストール

先ほどダウンロードしておいたinstall-tl-unix.tar.gzを展開し、ディレクトリに入ります。

su -
cd /usr/local/src/install_texlive
tar xzvf install-tl-unx.tar.gz
cd install-tl-20120804

TeXLive 2012は、インストールするパッケージをインターネットからダウンロードする仕組みになっています。そのため、インストールにはネットワーク接続が必須です。ディレクトリ内のinstall-tlスクリプトを実行するとインストーラが起動します。

./install-tl

いくらかのメッセージが表示されたあと、“Enter command:”というプロンプトが表示されます。ここでは、大文字のIを入力します。

TeXLive 2012のインストール画面

すると、インターネット[4]から必要なパッケージが次々ダウンロードされ、インストールされていきます。2500個ほどのパッケージがダウンロードされるので、気長に待ってください。

しばらく待つと、“Welcome to TeX Live!”というメッセージが出て、インストールが終了します。メッセージの上に書いてあるように、TeXLiveのインストールディレクトリへのPATHを追加します。

TeXLive 2012へのパスを追加する


TeXLive 2012の設定

 PATHの設定

まず、TeXLiveをシステムの全ユーザが利用できるよう、PATHの設定をおこないます。自分しか使用しないという場合は個人の.bash_profile等に設定してください。rootユーザで/etc/profile.dに移動し、下記のようなtexlive.shファイルを作成します。

export PATH=/usr/local/texlive/2012/bin/x86_64-linux:$PATH
export MANPATH=/usr/local/texlive/2012/texmf/doc/man:$MANPATH
export INFOPATH=/usr/local/texlive/2012/texmf/doc/info:$INFOPATH

これで、(Bashを使う)全ユーザのログイン時にこのファイルが読み込まれ、TeXLiveが使用できるようになります。

 フォント埋め込みの設定

TeX Live 2012では、デフォルトでは、dvipdfmxでPDFを作成すると和文フォントは埋め込まれる設定になっていません。このままでも、PDF表示時には適宜フォントが選択されて表示されるので不都合はないですが、TeXLive 2012では、日本のユーザによるupdmapの拡張が取り込まれていて、簡単に埋め込むフォントを切り替えて利用することができます。なお、対象となるTrueType(OpenType)フォントは個別にインストールしておく必要があります。

フォント埋め込みの設定をおこなっているファイルは、/usr/local/texlive/2012/texmf-dist/fonts/map/dvipdfmx以下にあります。

/usr/local/texlive/2012/texmf-dist/fonts/map/dvipdfmx/ptex
morisawa.map  ptex-noEmbed.map

/usr/local/texlive/2012/texmf-dist/fonts/map/dvipdfmx/jfontmaps
otf-hiragino.map     otf-up-morisawa.map   uptex-hiragino-04.map
otf-ipa.map          ptex-hiragino-04.map  uptex-hiragino.map
otf-ipaex.map        ptex-hiragino.map     uptex-ipa.map
otf-kozuka.map       ptex-ipa.map          uptex-ipaex.map
otf-morisawa.map     ptex-ipaex.map        uptex-kozuka-04.map
otf-up-hiragino.map  ptex-kozuka-04.map    uptex-kozuka.map
otf-up-ipa.map       ptex-kozuka.map       uptex-morisawa-04.map
otf-up-ipaex.map     ptex-morisawa-04.map  uptex-morisawa.map
otf-up-kozuka.map    ptex-morisawa.map

/usr/local/texlive/2012/texmf-dist/fonts/map/dvipdfmx/japanese-otf
otf-cktx.map  otf-noEmbed.map

/usr/local/texlive/2012/texmf-dist/fonts/map/dvipdfmx/japanese-otf-uptex
otf-up-noEmbed.map

/usr/local/texlive/2012/texmf-dist/fonts/map/dvipdfmx/uptex
uptex-noEmbed.map

デフォルトでは、和文フォントの設定はnoEmbedとなっていて、各ディレクトリの*-noEmbed.mapが読み込まれます。これを、例えばIPAEXフォントを埋め込むようにしたい場合は、下記のようにupdmap-setup-kanji-sysコマンドを実行します。

updmap-setup-kanji-sys ipaex

すると、各ディレクトリの*-ipaex.mapが読み込まれるよう設定が変更され、和文フォントにIPAEXフォントが埋め込まれるようになります。他のフォントについても同様です。

なお、TeXLiveに用意されていない、特定のフォントを埋め込みたい場合には、mapファイルを作成し、updmapに登録、kanjiEmbedで指定するという手順を踏む必要があります。mapファイルは/usr/local/texlive/texmf-local/fonts/map/dvipdfmx下に、下記の4種類を作成する必要があります。なお、***の部分には既存のものと重複しない、任意の名前を指定します(msfontやmyfont等)。

ptex-***.map
otf-***.map
otf-up-***.map
uptex-***.map

ただし、一般的な明朝、ゴシック以外のフォントは特に指定しないという場合は、既存のmapファイルを、名前を合わせてコピー、シンボリックリンクしても構いません。mapファイルの中身は、下記のような形式になります。

ファイル名: /usr/local/texlive/texmf-local/fonts/map/dvipdfmx/ptex-myfont.map
rml   H ipaexm.ttf
gbm   H M+2M+IPAG.ttf
rmlv  V ipaexm.ttf
gbmv  V M+2M+IPAG.ttf

mapファイルを作成したら、まずmktexlsrコマンドを実行し、その後updmapに登録します。

mktexlsr

updmap-sys --enable KanjiMap=/usr/local/texlive/texmf-local/fonts/map/dvipdfmx/ptex-***.map
updmap-sys --enable KanjiMap=/usr/local/texlive/texmf-local/fonts/map/dvipdfmx/otf-***.map
updmap-sys --enable KanjiMap=/usr/local/texlive/texmf-local/fonts/map/dvipdfmx/otf-up-***.map
updmap-sys --enable KanjiMap=/usr/local/texlive/texmf-local/fonts/map/dvipdfmx/uptex-***.map

なお、ptex-***.map以外のファイルが既存のmapファイルのシンボリックリンクである場合は、updmap-sysコマンドで登録する必要はありません。

登録が完了したら、自作のmapファイルを使うようupdmapのオプションを指定します。先ほどと同様、--setoptionオプションを使用します。

updmap-setup-kanji-sys ***

mapファイルが揃っていなかったり、記述に誤りがあるとエラーが出ますので、適宜修正します。これで、任意のフォントをdvipdfmxで埋め込んで使用できるようになりました。

TeXLive 2012のアップデート

TeXLive 2012では、tlmgrコマンドによって、随時TeX環境のアップデートが可能です。

tlmgr update --all

とすると、インストール済みのパッケージが更新されます。tlmgrコマンド自身のアップデートが必要な場合には、その旨が表示されるので、

tlmgr update --self

とします。

なお、tlmgrコマンドでは、アップデートだけでなく、パッケージを指定して新たにインストールすることもできます。詳細は、

man tlmgr

として、マニュアルを参照してください。

TeXworksのインストール

TeXworksは、Windows, Macintosh, Linuxで利用可能なTeX文書作成用の統合環境(IDE)です。メニューも日本語化されていて、それなりに利用されています。まずはダウンロードしたファイルを展開します。

su -
cd /usr/local/src/install_texlive
tar xzvf texworks-0.4.4-r1004.tar.gz
cd texworks-0.4.4

TeXworksはQtフレームワーク、Hunspellスペルチェッカを使用しているため、コンパイルにはqt, qt-devel, ibus-qt, poppler-qt4 poppler-qt4-devel, hunspell, hunspell-devel等のパッケージをインストールしておく必要があります。

コンパイルに必要な環境が整ったら、qmake-qt4コマンドを実行します。自動でMakefileが生成されますので、あとはmake, make installを実行します。

qmake-qt4
make
make install

問題なくインストールできたら、Gnomeの[アプリケーション] - [オフィス]にTeXworksのアイコンが表示されます(もちろんtexworksコマンドでも起動できます)。

TeXworksの外観

なお、TeXworksは標準では日本語TeXファイルをコンパイルできる設定になっていませんので、設定を修正します。まず、TeXLive 2012のplatex等が最初に(システムにインストールされた他のTeXよりも先に)見つかるように、[編集] - [設定] - [タイプセット]メニューから“TeXおよび関連プログラムのパス”を開きます。TeX Live 2012を先にインストールし、パスを通していれば、TeXworksのコンパイル時に自動的に検出していちばん下に

/usr/local/texlive/2012/bin/x86_64-linux

と表示されているはずです。この項目を、画面右の上矢印ボタンで、先頭に移動させます。もしTeXLive 2012のパスが表示されていない場合は、「+」ボタンでパスを追加します。

TeXLive 2012のパスを追加する

これでplatex, dvipdfmx等のコマンドがTeXworksから呼び出せるようになりますが、TeXworksではコンパイル→PDF変換までの一連の作業をまとめた“スクリプト”を登録し、ボタンひとつで実行することができますので、“platexでコンパイル→dvipdfmxでPDF変換”をおこなうスクリプトを作成し、登録します。

スクリプトは、/usr/local/binなどのディレクトリに、シェルスクリプトとして作成します。内容は、下記のようなものです。

#!/bin/sh
/usr/local/texlive/2012/bin/x86_64-linux/platex $1 || exit 1
/usr/local/texlive/2012/bin/x86_64-linux/dvipdfmx $1 || exit 1

これをpdfplatex.shといった名前で保存します(.shは必須ではありません)。そして、chmodコマンドで実行権を与えます。スクリプトを作成したら、TeXworksを起動し、[編集] - [設定] - [タイプセット]メニューから「タイプセットの方法」の右にある[+]ボタンを押し、スクリプトを追加します。「タイプセットの方法を設定する」というダイアログの[参照]ボタンを押し、/usr/local/bin/pdfplatex.shを指定します。

日本語処理用のスクリプトを追加する

また、pdfplatex.shに与える引数(ファイル名)も指定する必要があります。「タイプセットの方法を設定する」ダイアログの[+]ボタンを押し、$basenameと記述します。$basenameとすると、pdfplatex.shにはTeXファイルの拡張子より前の文字列が渡ります。これにより、platex、dvipdfmxともに適切にファイルを扱うことができます。他の「タイプセットの方法」では、$filename等書かれているものがありますが、これは“.tex”まで含めた形でスクリプトに渡してしまうので、dvipdfmxでエラーになります。注意が必要です。

スクリプトに与える引数の指定

ここまでの設定が完了したら、最後にpdfplatex.shがデフォルトで選択されるように、[編集] - [設定] - [タイプセット]メニューの下部でpdfplatex.shが先頭に来るように[+]ボタンで移動させ、「デフォルト」のドロップダウンリストでもpdfplatex.shを選択します。なお、ここで設定した項目は、次のTeXworks起動時から有効になりますので、いちどTeXworksを終了し、再度起動します。

スクリプトの優先順位の設定

これでTeXworksの設定は完了です。文書を作成し、ツールバーの[タイプセット]ボタンを押せば、自動的に一連のコンパイル作業がおこなわれ、プレビューウィンドウが開き、PDFが表示されます。

タイプセットボタン

TeXworksには行番号の表示や構文の色付け、入力支援など様々な機能がありますので、[編集] - [設定]メニューや[フォーマット]メニューの設定を試してみてください。

TeXworksでのプレビュー


YaTeXのインストール

YaTeXは、Emacs用のTeX文書作成支援環境です。ダウンロードしたファイルを展開します。なお、展開して出てくるディレクトリのパーミションが(CentOSからすると)変なので、修正します。

su -
cd /usr/local/src/install_texlive
tar xzvf yatex1.76.tar.gz
chown -R root:root yatex1.76
cd yatex1.76

あとは、基本的にmake installとするだけです。なお、.emacsには下記のように追記します。筆者の個人的な好みも混じっていますので、適宜取捨選択してください。

;;; YaTeX setting
(setq load-path (cons (expand-file-name "/usr/local/share/emacs/site-lisp/yatex") load-path))
(setq auto-mode-alist
      (cons (cons "\\.tex$" 'yatex-mode) auto-mode-alist))
(autoload 'yatex-mode "yatex" "Yet Another LaTeX mode" t)

(setq tex-command "platex")
(setq bibtex-command "pbibtex")
(setq dvi2-command "acroread")
(setq YaTeX-template-file "~/basefile.tex")

(setq section-name "section")
(setq YaTeX-no-begend-shortcut t)

(setq YaTeX-user-completion-table "~/.yatexrc")

(setq YaTeX-kanji-code 4)
(setq YaTeX-latex-message-code 'utf-8)
(setq YaTeX-use-LaTeX2e t)
(setq YaTeX-use-font-lock t)

;;; YaHTML setting(TeXと関係ないので、完全にお好みで)
(autoload 'yahtml-mode "yahtml" "Yet Another HTML mode" t)

(setq auto-mode-alist
      (cons (cons "\\.html$" 'yahtml-mode)
	        auto-mode-alist))
(setq auto-mode-alist
      (cons (cons "\\.htm$" 'yahtml-mode)
	        auto-mode-alist))
(setq auto-mode-alist
      (cons (cons "\\.shtml$" 'yahtml-mode)
	        auto-mode-alist))
(setq auto-mode-alist
      (cons (cons "\\.xhtml$" 'yahtml-mode)
	        auto-mode-alist))

(add-hook 'yahtml-mode-hook '(lambda () (setq fill-column 70)))

(setq yahtml-template-file "~/basefile.html")

(setq yahtml-www-browser "firefox")
(setq yahtml-kanji-code 4)
(setq yahtml-always-/p t)

なお、上記の設定例ではユーザのホームディレクトリにbasefile.texというテンプレートがあり、TeXファイルの新規作成時に読み込まれるようになっています。テンプレートを使わない、他の場所に置くという場合はコメントアウトするか、パスを適宜修正してください。

YaTeXでは、Ctrl-c, t, jでコンパイル、Ctrl-c, t, dでdvipdfmxによるPDF作成、Ctrl-c, t, pでAdobe Reader(acroreadコマンド、要インストール)によるプレビューができます。

  • [1]困難といっても、Qtツールキットの最新版をダウンロードしてインストールするだけですが。ただし、Qtのコンパイルには数時間かかりました。
  • [2]gsで不要で、gvで必要な理由はわかりません。
  • [3]同様に、/usr/local/bin/ps2pdfwr コマンドも-dSAFERオプションを-dNOSAFERに書き換えておくとよいでしょう。
  • [4]CTANのミラーサーバ。多くの場合、JAIST(北陸先端科学技術大学院大学)のサーバが選択されるでしょう。